商品カテゴリー
おすすめ商品

カートを見る

ログイン
alpackaraftlogo
Officially
collaborats with
Alpacka Raft

その他のページ
店主のコーナー

ガイド兼店長の柴田です
パックラフト楽しいです!新しいスポーツにチャレンジしてみてください。ダウンリバーツアーもやっていますので、初心者の方から、経験者の方までご参加待ってます。長野県安曇野を中心にとっておきのルートをご案内いたします。ブログもご覧ください↓↓↓
SunnyEmotionBlog


PR3ダウンリバーツアー
天竜川鵞流峡

SunnyEmotionで開催しておりますダウンリバーツアーの映像
ツアーの内容が分かるように字幕をつけてみました。


PackRafting 黒部川 上ノ廊下
急峻な島国である日本における、本格的なRaftパッキングなルートの可能性。スタッフで2泊3日でチャレンジした時の映像。


Canyoning×Packrafting
紀伊半島

沢登りのフィールドを
アルパカラフトで


←その他のアルパカラフトを使った動画

【Hiko】 レスキューバッグ EXP15m

定価 5,600円(税込6,048円)
販売価格

5,600円(税込6,048円)

在庫数 1 
購入数
※上記左写真の左から2番目のサイズになります。
※商品の色は実際とは多少異なります。


コンパクトで実用性の高い「水難救助用(漂流者救助用)のスローバッグ」です。丈夫でしなやかなコーデュラ製バッグに水に浮く視認性の高いフローテーションロープが収納されています。2本のベルトスリーブにより「クイックドローベルト」を使用して身体に装着することもできます。余裕をもって作られたバッグは、ロープのリパック(詰め直し)もしやすく傾向にも邪魔になりません。カヌー・カヤック、ラフティングでのロープレスキューや、消防隊員の水難救助用として幅広く使用されているレスキュー用スローバッグです。




用途・用法
スローバックの携行について:ボートの漕艇の邪魔にならないところに置き、ロープの末端は常に全てバックの中に収納する。沈した際などのロープが緊急脱出時に体に絡みついたりしないようにしっかりとバックの口を閉じておくこと。
スローバック本体を体に直接取り付けないこと!!
止むを得ず、体に着けて携行する必要がある場合は、専用のクイックリリース機構を備えたクイックドローベルトなどを必ず使用してください。

その他の準備:スローバックレスキューロープを水の中で使用することは潜在的に大きな危険を伴っています。スローバックを使用するときは、常に手元にナイフを持っていることをお勧めします。
スローバックレスキューロープを川で使うには、基本的な知識、日頃の練習とメンテナンスが欠かせません。




■カラー:ウォームゴールド
■長さ:15m
■16m【ロープエンド(ノット含む)】・ロープ径8mm・破断強度620kg
■重さ:このスローバックは通常のホワイトウォーター用の物の中では比較的軽い商品ですありますが、特に軽くパックラフティング用ということはありません。重量よりも確実なレスキューが重視される場合に最適です。また水を含むことにより重くなります。



警告
「スローバック」は、川の流れる水の中で使用する救命用具です。
緊急かつ危険な状況のもとで使用することになるので、正しい使用法方と用具の特性を理解した上での使用が必要です。
不適当な使用法方のもとでは、被救助者のみならず、救助者自身も死亡事故等の危険性があることを認識の上、ご使用ください。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える