商品カテゴリー
おすすめ商品

カートを見る

ログイン
alpackaraftlogo
Officially
collaborats with
Alpacka Raft

その他のページ
店主のコーナー

ガイド兼店長の柴田です
パックラフト楽しいです!新しいスポーツにチャレンジしてみてください。ダウンリバーツアーもやっていますので、初心者の方から、経験者の方までご参加待ってます。長野県安曇野を中心にとっておきのルートをご案内いたします。ブログもご覧ください↓↓↓
SunnyEmotionBlog


PR3ダウンリバーツアー
天竜川鵞流峡

SunnyEmotionで開催しておりますダウンリバーツアーの映像
ツアーの内容が分かるように字幕をつけてみました。


PackRafting 黒部川 上ノ廊下
急峻な島国である日本における、本格的なRaftパッキングなルートの可能性。スタッフで2泊3日でチャレンジした時の映像。


Canyoning×Packrafting
紀伊半島

沢登りのフィールドを
アルパカラフトで


←その他のアルパカラフトを使った動画


【安全に関する警告】


パックラフティングは非常に危険で、場合によっては死傷を引き起こす可能性のあるスポーツです。本製品を使用する方は、重傷を負ったり、死亡する場合もあることを理解しておかなければなりません。本製品を使用する方は、適切な技術を習得し、ご自身の行動と決定に責任を持たなければいけません。

アルパカラフトは、軽量で携帯性があることを最も重要な要素として、素材を選択しています。このボートを使用してる間は、条件が重なれば、この素材は容易に穴が空くということを常に意識しておいて下さい。このボートを使用するパドラーは、河川・湖・海にある様々な障害物・危険によってボートに穴があき破損するということを認識して下さい。河川の危険な区間、湖・海の危険な水域は安全の為に歩いて下さい。水上で使用する時は常に水の中で泳ぐ可能性を考慮した装備・準備をして下さい。ボートがパンクした場合すぐに沈没するでしょう。そしてパドラーはその結果起こる危険に対処する用意をしていなければなりません。

安全に制御できない程の過積載はしないで下さい。必ず積載物を付けた状態でボートを元に戻す練習をしてください。

アルパカラフトは、回転性能が高く、直進性が低い為、水の流れ・波・風などのエネルギーの影響を受けやすいボートです。流水で使用する際のリスクは分かりやすいの対して、湖・瀞場・海などで使用する場合のリスクは認識されにくい傾向にありますが、充分な注意が必要です。

アルパカラフトの可能性と限界に慣れて下さい。アルパカラフトは製品の耐久性について、適正に使用されている状態において、今までにクレームを受けた事はありません。




パドルスポーツ全般における警告

パドルスポーツは場合によっては、危険で死傷を引き起こす可能性のあるスポーツです。本製品を使用する方は、重傷を負ったり、死亡する場合もあることを理解しておかなければなりません。パドルスポーツを行う際は以下の安全項目を必ず守るようにして下さい。

●この製品を使用する前に、適切なパドルスポーツレッスンを受けて下さい。
●必ずPFD(ライフジャケット・救命胴衣)を着用(脱げないように正確に)して下さい。
●浅い所や岩の多い所など、必要に応じてヘルメットを着用して下さい。
●1人でパドルスポーツをしないで下さい。
●救急処置法と救命訓練を常に心掛け、必要な救急道具等を保持して下さい。
●水温・気温が低い場合や身体を濡らしたまま放置した場合は、危険な低体温症(ハイポサーミア)を起こす恐れがあります。天候に合わせた服装をして下さい。
●毎回使用時には用具を点検し、摩擦や故障の兆候がないことを確認して下さい。
●増水などの悪条件下では使用しないで下さい。
●水量・水位・干満・潮流・風向などの天候の変化に注意して下さい。
●はじめての場所、不確かな場合では事前に調査して下さい。
●川に人工的に付設された建造物(堰堤・護岸ブロック・ダム・やな・取水口・橋脚)は危険です。絶対に近づかないで下さい。
●自分の能力以上の行動は謹んで下さい。
●乗船、脱艇の妨げになる様な改造・艤装・積載をさけて下さい。
●健康に問題のある方は、事前に医師にご相談下さい。
●飲酒や心身に影響を及ぼす薬品・薬物を使用してパドルスポーツをしないで下さい。